上海ディズニーランド、9月からオフシーズンに入り入場料を129元割引で370元へ

9月から、上海ディズニーランドの入場料はピーク時の1日券から平日券に調整されることになった。具体的にはおとなの標準入場券が499元から370元へ、高齢者・児童・障害者対象の入場券が375元から280元に値下げされる。

澎湃新聞(www.thepaper.cn)の記者が上海ディズニーリゾートから得た情報によると、開園後、子ども向けの期間限定の割引イベントも初めて実施される。2016年8月22日から9月9日、リュックサック、文具、弁当箱、水筒/マグボトルの四大ディズニーグッツが2割引。また、ディズニーランド内の全てのショップで200元分の商品を買うと、レシートによりディズニーランド内の全てのショップにおいて50元を支払うだけで指定のディズニー特製リュック1つ(複数のレシートの合計は不可、当日に限って使用有効)を購入することができる。更に、ディズニーランド内の全てのファーストフードレストランにてセットメニュー2セット(主食1つとドリンク1杯を含む)を購入すると、キッズ用メニュー1セットを無料でプレゼント。

夏休みの終了は観光市場ブームがやや冷めることを意味する。過去の観光市場の規律から、夏休み終了から10月1日の国慶節連休までの間、観光業界全体の休息調整期となる。

人気アトラクションの待ち時間から見ると、上海ディズニーの熱気もある程度下降している。

澎湃新聞による過去の報道では、今年の夏、上海市では高温日が続いたが、上海ディズニーランドには多くの観光客が訪れ、待ち時間が2~3時間となった人気のアトラクションも少なくなかった。8月2日、上海市の最高気温は35℃、上海ディズニーリゾート公式APPでは、当日14時時点で、園内では少なくとも1時間の待ち時間となったアトラクションプログラムが7カ所に達した。そのうち、ソアリン・オーバー・ザ・ホライズンは150分、七人のこびとのマイントレイン(トロッコ)は120分、ジェットコースター・トロン ライトサイクル・パワーラン(創極速光輪)は100分の待ち時間であった。

8月23日午後、澎湃新聞の記者は上海ディズニーリゾート公式APPをチェックしたところ、各アトラクションプログラムの全体待ち時間はある程度緩和され、トゥモローランドエリアのアトラクションの待ち時間は明らかに短くなったことが分かった。23日午後5時、ソアリン・オーバー・ザ・ホライズンの待ち時間は120分、七人のこびとのマイントレイン(トロッコ)は60分、ジェットコースター・トロン ライトサイクル・パワーラン(創極速光輪)は60分であった。

しかしながら、入場券のピークの1日券から平日券への調整による上海ディズニーリゾート公式観光連携パートナーによる見積もりの影響に関して、9月、江蘇省、浙江省出発の上海ディズニー関連観光ツアーの価格は大幅な値下げがまだ発生していない。

このほか、上海ディズニーリゾートでは、9月1日からディズニー青少年プログラムも正式にスタートする。ディズニー青少年プログラムはワールドディズニーランドとディズニーリゾートの伝統プログラムの一つである。上海ディズニーリゾートでは地元の教育専門家からの提案を取り入れ、各学年の異なる需要と成長に応じて種類の豊富な青少年プログラムをデザインした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です